PlayStation VR対応!「Catlateral Damage(にゃんこラテラル・ダメージ)」のご紹介

猫となって自由に部屋を散らかしまくるシュミレーションゲーム

PlayStation VR対応のゲーム「Catlateral Damage(にゃんこラテラル・ダメージ)」はFire Hose Gamesというメーカーが開発したダウンロードゲームです。VR専用ソフトというわけではないので、通常モードとVRモードがあるというようなゲームとなっています。しかしPlayStation VRで遊ぶ場合のみPS Moveが必須となります。このゲームは自分が猫となって自由に部屋を散らかしまくるという爽快シュミレーションゲームに分類されています。

2つのモードで部屋を散らかそう!

ゲームには2種類のモードがあり、制限時間内に部屋を散らかすという「目標アリモード」と、時間無制限で好きなステージを散らかしまくるという「猫砂ボックスモード」があります。自分の気分次第で好きなモードを選ぶことができるのですが、やることは基本的には一緒です。

まず自分が猫となります。人間に対する些細な不平不満からゲームがスタートし、八つ当たりをして部屋を散らかしていきます。もちろん自分が猫となっているので行動も猫目線となります。ネコパンチやタックルなどを使いこなして部屋の中を荒らしていくのですが、この時人間のように道具を使ったりはしません。肉球のある己の手とその身体能力のみが頼りなのです。もちろん壊したり散らかしたりだけではなく、トイレットペーパーをネコパンチするとぐるぐる回って紙が出てくるなどまるで自分が本当に猫になったかのような演出を楽しむことができます。部屋の中にあるゲームソフトなどのラベルもしっかりとついているため、細かい部分まで制作されているということがうかがえます。

VR初心者にもおすすめ

ゲーム内で集めたものを見ることができます。条件を満たせば手に入れられるトロフィーなどもありますし、自分が操作する猫の種類も増やすことができます。そのため収集プレイが好きな人にはやり込み要素を感じることができるという別の楽しみ方もあります。

一人称視点で自分が猫となり、部屋を散らかすだけというシンプルなゲームなので、RPGのようにストーリーがあったり謎解きがあったりするわけではありません。つまり作業ゲームとなりがちだということです。しかし気が向いたときに爽快感を求めてやるには非常にうってつけのゲームだと言えます。内容がシンプル故にゲーム初心者でも挑戦しやすく、特にVRに馴染みがない人にとってはとてもやりやすいゲームだと言えます。こういった理由から男女問わず多くの人から人気を集めています。