PlayStation VR対応!「BIOHAZARD 7 resident evil デラックスエディション」のご紹介

VRの普及

2016年頃から急激に普及し始め話題になりましたVR(バーチャルリアリティ/仮想現実)は現実ではない別の空間を体験する、要するにゲームなどの世界に飛び込むことが出来てしまいます。
急激に一般に普及した要因としては家庭用ゲーム機PlayStationやスマートフォンなどで体験できるように発売された機器の環境が整い簡単に体験できるようになったからと考えられます。
PlayStation VRが発売されると商品は品薄状態になるなど、人気が沸騰していました。

BIOHAZARDがVR対応!

そんなPlayStation VR対応ソフトで注目して欲しいのが、BIOHAZARD 7 resident evil デラックスエディションです。
デラックスエディションはゲーム本編と追加エクストラコンテンツ、追加シナリオがセットで収録されています。
BIOHAZARDと言えば全世界でシリーズ累計7千万本以上の売り上げるサバイバルホラーの代表作です。
記念すべき20周年に発売された今作は始めてVRに対応しましたので、恐怖の体験をリアルなまでに感じ取りながらプレイすることが可能となりました。

恐怖を体験するだけでなく、ゲームプレイ中には武器を取り、襲い来る敵を倒すことも必要になります。
邸の中を探索し、少し考えれば誰でも解けるような絶妙なバランスの謎を解き、明かして道を拓くしか術はない。
回復薬アイテムなどの限りがあるものをどのタイミングで使用するのかなどプレイヤーは常に判断を求められるなど、恐怖以外に求められる要素が高く楽しむ要素は多いです。

特筆すべきは、美しい映像です。まるで本物の世界を歩いているかのような美しさに思わず景色だけを眺めたくなるほどです。
BIOHAZARD 4~6はアクション要素が強くなったことから、シリーズの1~3までを楽しんでいた方には従来の恐怖を感じさせるホラーじゃないということで離れていた人も少なからずいましたが、今作のBIOHAZARD 7は原点回帰したと開発者が言うだけあって初期の作品のようにホラー感が強い雰囲気が素晴らしいです。
4~6のアクション性が強いシリーズが好きな人も十分楽しめる内容です。

ホラーが苦手な人にはお勧めできない

唯一の注意点を挙げるのであれば、ゲームを普段しない人には少し難易度は高い事、ホラーなどが苦手な人は控えた方が良いかもしれません。
PlayStation VR体験をしたいだけなら誰でも楽しめる作品を選んだ方が良いですが、夏はやっぱりホラーだよねって言う人には真夏の夜にプレイしてもらい、最高の体験をして欲しいと思います。