HTC VIVEとは

HTC VIVEは、スマホなどのメーカーとしても有名な台湾のHTC社と、ゲームの配信を行っているValve Corporationによって共同開発され、2016年4月に発売されたVRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ=HMD・センサーカメラ・コントローラー)です。

PCと接続してハイエンドなバーチャルリアリティを実現する端末として世界中で販売されています。

HTC VIVEの一番の特徴は、ヘッドセットをトラッキング(頭や手に持ったコントローラーを追従して計測する)するセンサー”Light House”ベースステーションを部屋の対角線上に2基配置することにより、3Dで作られたVR空間を歩き回ることのできる「ルームスケールVR」を実現していることです。

その広さは最大15 x 15 フィート(4.6m四方)までカバー。この中をVR空間として実際にご自分の足で動き回ることができるようになっています。

このルームスケールVRにより、立ったりしゃがんだりする動きがVRの中で反映されるほか、コントローラーがStar warsの世界ではライトセーバーになるなど、より没入感のある映像・体験ができるようになっています。

HTC VIVEのスペック

  • 解像度:1080×1200のディスプレイを両目用に2枚
  • リフレッシュレート:90Hz
  • センサー:ジャイロスコープ・レーザーポジションセンサーなど70以上

接続するPCの必要スペック

VRレンタル機材適合PC
VRレンタル機材適合PC2

HTC VIVEは、PCと接続するディスプレイユニット(HMD)・トラッキングセンサー・コントローラーで構成されるため、接続するPCには下記の要件があります。

この要件を満たしていないと、スムーズに画面がレンダリング(3D描画)されないため、頭や体の動きに映像が追いてこられず、VR「酔い」が発生します。

一番大事なのはPCに搭載されたグラフィックボードで、もしCPUなどの要件が満たされていてもグラフィックボードのスペックが低いとプレイできませんので注意が必要です。

また、PCとの接続にはUSB・HDMIが必要となりますので、お手持ちのPCに空きがあるか確認が必要です。

グラフィックボードのレンタルも可能ですので、CPUやメモリなど他の要件を見たいしている場合には、グラフィックボードを追加でレンタルすることによりプレイが可能です。

HTC VIVEのPC要求スペック

  • GPU: NVIDIA GeForce® GTX 970 / AMD Radeon™ R9 290 以上
  • CPU: Intel i5-4590 / AMD FX 8350 以上
  • メモリ: 4GB 以上
  • 映像出力: HDMI 1.4 または DisplayPort 1.2 以上
  • USBポート: 1x USB 2.0 以上
  • OS: Windows 7 SP1 以上

VRソフトウェア配信サイト「Steam VR」から、自分のPCがプレイ要件を満たしているか確認できるソフト「Steam VR Performance Test」をダウンロードすることもできますので、ダウンロードしてご確認ください。
(レンタルしてもPCが基準を満たしていないとプレイできませんので…)

HTC VIVEパッケージ内容

HTC VIVEのパッケージ内容は下記の通りです。接続及びセットアップは、とても簡単。www.vive.com/jp/setup/にアクセスして、必要なソフトをインストールすると、画面上に指示が表示されますので、それに従って設定するだけです。

ヘッドマウントディスプレイ

PCとは接続ユニットを経由して接続します。頭部にはヘッドフォン用のジャックがありますので、お手持ちのヘッドフォンを接続してください。

コントロールユニット

PCとHMDの中間で接続するためのユニットです。HDMI+USB3.0+ACアダプターを接続します。

ベースステーションx2台

部屋の対角線上に配置して、VRエリアを設けます。ヘッドマウントディスプレイを認識できるよう、高さ2m前後に設置する必要があります。本来のパッケージには含まれていませんが、レンタルパッケージの中に設置用の三脚が含まれていますので、そちらを利用して設置ください。

コントローラーx2台

2台付属しており、右手左手に持ってプレイします。トラッキングセンサーがコントローラーも認識するため、ヘッドマウントディスプレイを装着したままで、コントローラーを見ると、人の手やライトセーバーなどに変化し、没入感をさらに高めます。

USB充電器x2台

コントローラーの充電器が2台付属しています。付属のUSBケーブルでコントローラーと接続・充電します。

ケーブル各種

PCと接続するための各種ケーブルが同梱されています。

ベースステーション設置用三脚

ベースステーションを設置するための三脚です。本来のHTC VIVEには含まれていませんが、簡単に設置できるよう、無料でご利用いただけます。(TOKISTAR製)

自由雲台

三脚とベースステーションを接続するための金具です。自由な角度で設置が可能になります。

衛生用マスク

ヘッドマウントディスプレイを装着する際にご使用いただける衛生用マスク(目の周り用)です。レンタル1回につき3枚を同梱いたします。

HTC VIVEで楽しめるコンテンツ(ほんの一部)

HTC VIVEで楽しめる代表的なコンテンツです。VRコンテンツは、iPhoneに対するAppStore、Androidに対するGoogle Playのように、Steam VR、Viveportで無料・有料コンテンツをダウンロードすることができます。一度アカウントを作ると、ヘッドマウントディスプレイ内で、コントローラーを使ってコンテンツのダウンロードも可能です。最新のVRコンテンツはここをチェックです!

VIVE Lab

VIVEを手にしたらまず最初に体験すべきコンテンツがこれ!Valve社が直接開発しているため、VRテクノロジーのショーケース的なアプリです。まずはこちらをお楽しみください!

Brook Haven Experiment

VR体験と抜群に相性がいいのはホラーです。気づくとあなたの周りに忍び寄る無数のゾンビが…鳥肌もののこちらのゲームは最高の絶叫体験が味わえます。

Rec Room

VR環境の中で、世界中のプレイヤーと様々なゲームの対戦ができます。私はこれをやっていたら3時間があっという間でした!

theBlu

ゲームが苦手な方でも楽しめるのが体験型コンテンツのこちら。海底奥深く潜り、様々な魚を観察できます。VRの可能性を感じさせてくれる1本です。

Trials on Tatooine

STAR WARSを手がけるILMが実験的に制作したコンテンツがこちら。ムービーともゲームとも言えない、エンターテイメントの未来がここにあります。コントローラーは見事にライトセーバーに変身。無料で体験できる超優良コンテンツです。

Space Pirate Trainer

VRシューティングゲームの決定版がこちら!ステージ制で次々と現れる敵を、様々なガンで打ちまくります。爽快感と没入感でクセになります。